Rain

不懂如何說出的言語 就像被凍僵了的樣子
一直在人面前扮演溫順地生存著
就這樣魯莽的樣子
在這雨夜裡 將你緊緊抱住

路邊張貼的傳單 和 壞了的街燈
街頭上總是那樣 誰都是急忙的樣子
錯的不是你
而是無法掩藏住衝動的我

Lady 你在濛濛煙雨中
跑離那空蕩蕩的車站

即使是滂沱大雨也不顧
即使是渾身濕透也不顧
濺起水花的你 消失在大雨之中
總是在清晨便早早來到這小巷裡
我要趁現在 把你緊緊抓住
不要走 不要走
這樣對你說著

在已經分開生活的現在
已經失去了握住那好像在哭泣的天空的堅強
不想你受傷的情感
一直在心底裡沒有改變

Lady 被大雨淋濕了的你
稍微看了一下我的眼睛

即使是滂沱大雨也不顧
即使是渾身濕透也不顧
吹著口哨的我 緊追著你
明明對你已經非常了解
仍像初次爭吵的那夜一樣
不要走 不要走
這樣對你說著

肩上的襯衫已經乾了 在走出檢票口的時候
在你住的城市下的雨已經開始變小了
明天也會像今天這樣繼續著
就這樣 我和你不會就此結束

Lady 你現在還是這樣
小小的傘也不撐

即使是滂沱大雨也不顧
即使是渾身濕透也不顧
濺起水花的你 消失在大雨之中
總是在清晨便早早來到這小巷裡
我要趁現在 把你緊緊抓住
不要走 不要走
這樣對你說著

即使是滂沱大雨也不顧
即使是渾身濕透也不顧
吹著口哨的我 緊追著你
明明對你已經非常了解
仍像初次爭吵的那夜一樣
不要走 不要走
這樣對你說著

言葉にできず 凍えたままで
人前ではやさしく生きっていた
しわよせで こんなふうに雑に
雨の夜にきみを 抱きしめてた

道路わきのビラと 壊れた常夜燈
街角ではそう たれもが急いでた
きみじゃない 悪いのは自分の 激しさを
かくせないぼくのほうさ

Lady きみは雨にけむる
すいた駅を少し走った

どしゃぶりでもかまわないと
ずぶぬれでもかまわないと
しぶきあげるきみが 消えてく
路地裏では朝が早いから
今のうちにきみをつかまえ
行かないで 行かないで
そう言うよ

別々に暮らす 泣きだしそうな空を
にぎりしめる強さは今はもうない
変わらずいる 心のすみだけで 傷つくような
きみならもういらない

Lady きみは雨にぬれて
ぼくの眼を少し見ていた

どしゃぶりでもかまわないと
ずぶぬれでもかまわないと
口笛ふくぼくが ついてく
ずいぶんきみを知りすぎたのに
初めて争って夜のように
行かないで 行かないで
そう言うよ

肩が乾いたシャツ 改札を出る頃
きみの町じゃもう雨は小降りになる
今日だけが 明日に続いてる
こんなふうの きみとは終われない

Lady きみは今もこうして
小さめの傘もささずに

どしゃぶりでもかまわないと
ずぶぬれでもかまわないと
しぶきあげるきみが 消えてく
路地裏では朝が早いから
今のうちにきみをつかまえ
行かないで 行かないで
そう言うよ
どしゃぶりでもかまわないと
ずぶぬれでもかまわないと
口笛ふくぼくが ついてく
ずいぶんきみを知りすぎたのに
初めて争って夜のように
行かないで 行かないで
そう言うよ

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *